タミヤならではのオンライン限定商品!! かいちょうのブログ パート2 2011年07月

かいちょうのブログ パート2

こんにちは。秋田でラジコンカーレース運営をしているかいちょうです。 ラジコンやそのほかの趣味、日常について気まぐれに書いてます。

ああ、決定

本日、日曜の仕事のシフトが決まりタミグラ盛岡不参加が確定しました。
まあ前からわかってたことなので仕方ないのですが、今年は盛岡に行けなくてちょっぴりさみしい夏です。

いかないからいいのですが、エントリー封筒がいまだに来てませんね。一応エントリーしてるんですが。
こんなことも初めてです。なんと面妖な


タミグラ盛岡ではいつものARTメンバーの活躍が期待されますし、親子参加の方たちもがんばって欲しいです。
久しぶりのレース参加の人たちも目いっぱい楽しんでください。
広報担当の方、ARTの宣伝もしっかり頼みますよ。

あっと社長が心配だ。
隊長、きくさん、車と人間のお世話よろしくです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
スポンサーサイト

ネジの精度

某メーカーRC製品を組むたびに思ってたんですが、キット付属のネジに限らずオプションのチタンビスの精度ってもう少しよくならないもんですかね?
たまたま私の当たりが悪いのかな?
ボタンヘッドならば少しくらい精度が悪くてもいいのですが、我慢ならない時があるのが皿ビスです。

ああ、私が言う精度というのはネジの切られてるところでなく、ナベやボタン、皿の部分いわゆるビスの頭のことです。
ネジを締めこむ時にネジ頭を横から見ながら回すと精度のいいネジはぶれませんが精度が悪いとユラユラと触れながら回ります。

皆さんも経験ないですか?せっかく部品精度のいいパーツなのに皿ビスの精度が悪くて最後の一締めでパーツの取り付けがホンのちょっとずれたりすると「苛っ」としませんか?私だけかな?そんなに神経質なほうではないのですが。
特にサスブロックなどはちょっとずれるとサスアームがガタガタになったりきつくなったりとかなり手こずることがあります。

皿加工角度が緩い場合は少し「逃げ」があるのでそれほど気になることはありません。

問題は皿加工角度がきつい場合ですね。
樹脂バスタブなど、皿加工をし直すことが出来ない部分の場合はどうにもならないのでネジを入れ替えたりして対応してますが・・・めんどくさいです。

まあコストの関係もあるのでキット付属の鉄ビスはやむをえないとしても、高価なオプションのチタンはもう少し気を使って製造して欲しいところです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ようやく完成?追記

エアレーションダンパーのオイルの入れ方も人それぞれでしょうが参考までに・・・

オイルは本体側にあふれる寸前まで入れます。当然エアは抜いておきます。
IMG_2011_7_20_1.jpg

オイルの入った本体とトップキャップを一緒に持ってトップキャップにオイルを少し入れます。
IMG_2011_7_20_2.jpg

そしてトップキャップのオイルがこぼれないように一気に本体にかぶせてねじ込みます。オイルの量によっては最後まで締め込むことが困難ですのでエア調整ネジを緩めてはずします。

するとエア調整穴から余分なオイルが出てきますのでティッシュなどをあてながらトップキャップを最後まで締めます。

そしてシャフトをゆっくり縮めるとエア調整穴からオイルが出てきます。急いで縮めると・・・結構な勢いでオイルが飛び出るのであくまでゆっくりですよ。
IMG_2011_7_20_3.jpg

最後までシャフトを縮めたらシャフトが伸びないように押さえながらエア調整穴をネジでふさいで完成です。
この組み方だと反発がないダンパーとなります。
IMG_2011_7_20_4.jpg

今回とは逆に余分なオイルを抜いてからシャフトを伸ばしてエア調整ネジを締めるとパッツンダンパーになります。

好みのダンパーに仕上げるのも簡単なので私はどちらかというとエアレーションダンパーが好きですね。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ようやく完成?

何とか今日あたり完成しそうな社長のTRF201。
ダンパー製作だけで1時間ほどかかってしまいました。
この車、ダンパーの構造凄すぎ。各部にタミヤのこだわりが感じられます。

ロッドガイド部は上下間隔がたっぷりあってシャフト首ふりの心配は殆どないといっていいでしょう。
3mmオーリング間には4mm×0.2mmワッシャーがはさんであって、ワッシャーの厚みを使用オーリングにあわせて換えて調整可能です。
そしてエンドキャップの閉め具合でシャフトの動き具合を調整できます。

エアレーション構造でトップキャップが樹脂製です。
ノーマルではエア調整の穴はふさがれてますが、マーキングされてるので簡単にあける事が出来ます。
これは好みでしょうが、自分の経験上エアレーションの場合はオイル量を合わせるのが結構大変なのでトップキャップの穴はあけて余分なオイルを最後に吐き出したほうが調整はかなり楽です。

これからダンパーにオイルを入れて車に取り付ければ完了予定です。
オイルはいろいろ悩んだ末、シリコンの400番にするつもりです。
本来ならばエアレーションならば泡切れの遅いVGがよさそうですが、VGはオイル漏れが結構あるのでメンテしなさそうな社長はシリコンの方がよさそうです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

社長カーTRF201

今回レース結果を手早くまとめたのは、この車を急いで製作しなくてはいけなくなったからです。
まあ1日1時間ちょいほどの亀進行なので1つでもトラブルがあると製作が止まってしまいます。

写真を撮る間も無いほど頑張ってるのですが、いやいや~いい車ですね。
久しぶりのピュアオフロード2WDバギーの製作、いいですね~楽しいです
IMG_2011_07_15_1.jpg

最近のこのクラスの車ってこんなにセット範囲広いんですかね?
リヤは定番のリヤモーター、スリッパーでボールデフのセットスクリューがマイナスネジになっていてアッパーロッドをはずさなくてもデフジョイントにアーレンキーを入れてデフジョイントを固定すると(ちょっと分かりずらいですね)デフ調整が簡単に出来ます。
IMG_2011_07_15_3.jpg

圧巻はフロントのセット箇所の多さですね。
アッカーマン、トレッド、トレール量、ナックル高さ、Cバブ前後位置など多岐にわたり自分好みやコースに合わせたセットを可能にしてますね。
IMG_2011_07_15_2.jpg
色々セットしてみたい車ですが、まずは標準状態で組み上げました


いい車なので一気に仕上げたいのですが、明日あさっては私用があってどうしても製作できませんので仕上がりは来週の中頃の予定です。
メカセット担当の隊長!もう少しお待ちください。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

レース結果など (昨日の続き)

ツーリングは私は参加しなかったものの、最近まれに見るエントリー数でにぎやかに行われました。
タミグラ前で、TA06デビューの人が多く新車らしく落ち着いた走りでユーザーには好評だったようです。

私もレース終了後にTA06をちょこっと借りて2周ほど走らせましたが、TA05と比べて明らかに私的には好印象ですね。
まあ気になる点も少しあります。でもそれに目をつぶってもいいくらいこのクラスの車としてはいい出来だと思います。
TA05で気になっていたりヤ荷重の足りなさとリヤ駆動タイミングの遅さが影を潜め、ギヤ駆動ならではのリヤのダイレクト感たっぷり。
バッテリーが中央に縦配置された事で前後左右バランスもいいですね。

今後はタミグラでメインとなる車なのでそこそこ走るとは思ってましたが、期待を裏切らない出来だと思います。
まあ形は好き嫌いあるでしょうが、ポテンシャルはあると思います。

あと、ラッキーな事にTRF417もスティックながら試乗しました。
人の車&スティックプロポという事で2周でやめましたが、このクラスの車になるともう別格ですね。
スプール&ダイレクト仕様という事もあり、終始スロットルに対してフロントタイヤが反応して加速も減速も思いのまま。
駆動はベルトですがまるでシャフト並みのレスポンスです。

ARTのレギュではこの車、はっきり言って性能の半分も使ってないよ~な感じがしました。
コースにセットあわせるのはこれからでしょうが、セット決まれば鬼速カーになりそうです。


と、報告は以上にして社長カー(TRF201)の製作の続きでもやりますか。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

レース結果など

いつになく早々とレース結果をアップしました。
毎度こうならいいのでしょうが、私も人間ですのでついついサボってしまいいつもは数日(数週間?)かかってしまう事もあります。

レースはミニはギヤ関係の組みなおしとボールデフの投入で何とかスピードが出ていたようでタイム的にはそこそこ戻ったと思います。
先月と同じブラシレス14.5T 仕様で先月よりも大幅に自分のタイムをアップしてたのでまあ自分的には満足しました。

あと、今回からダンパーの組み方をちょっと変更しました。
引き組みは変わらないのですがダイヤフラム上のスポンジを入れずに空っぽの状態で組んでみました。
オイルはVGです。オイルを前回より固めにして(前25→35、後ろ30→40)取り外していたフロントダンパーステーを再度つけて様子を見ながら立てていく事にしました。

フロントバネは黒の赤、リヤバネは黒の黄色。

平和のコースはスピードに乗って回り込むコーナーがあるのでステア初期より中盤の反応をよくすることを狙っていきました。
結局赤バネではフロントダンパーは一番立てた状態が良かったです。
でも、ダンピング不足で腰がない状態だったのでフロントオイルも40番のほうがいいようです。
ダイヤフラムスポンジははっきり言って引き組みでは入ってなくてもいいようです。
ロールが自然で変な反発もなく、戻りも自然です。

何より一番効果的だったのは、ためしに行ったアルミリヤアップライトのアッパーロッドボール位置変更です。
今までは下側の突っ張り感が嫌いで上側にしてる事が多かったのですが、今回は限界を超えると一気にテールが出るので走り辛く、ためしに下にしたところ終始テールが安定していていい塩梅になってました。

あっと時間がない・・・続きはまた
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

原因解明?

先月、ミニのスピードが思ったように伸びなくてタイムがイマイチ状態でかなり消化不良でした。
外コースはストレートが長いのでスピードダウンは即タイムにひびきます。
まあ5月にミニは参加してなかったし先月が外コースでのミニ初走行なのでこんなもんかな?と思ってたんですがそれにしても遅すぎる。

レギュ違反ではありますが、実は先月からテストの意味も兼ねてミニにタミヤブラシレス14.5Tを搭載していてピニオンを18T に変更したのですがそれにしても遅すぎる。

ギヤデフのせいか?でも明らかにトップスピードが伸びてません。加速時に変なギヤ鳴りも聞こえるし。

で、昨日ギヤデフをボールデフに換えるついでに内部ギヤをはずしてチェックしたところ、ベアリングのシールがポロっと落ちてきました???
よく見ると1次減速の850ベアリングが粉砕直前で内部にベアリングポールが5個ほどしか残ってませんでした(汗)

なんでこんなところが破損?そういえば強化ギヤを入れてからなんとなくスピードが落ちたような?
そこでノーマルギヤとサイズをノギスで比べてみました。

その結果、ちょっと見は変わらないのですが、金型が違うのか材質の違いなのかわかりませんが強化ギヤはノーマルギヤに比べて1次、2次とも径、全長とも0.1mm前後若干ですが大きいことがわかりました。
つまり1次2次のバックラッシュと左右のクリアランスがノーマルギヤよりきついという事です。

私のミニのベアリング破損との因果関係はわかりませんが、クラッシュなどで横から圧迫されてクリアランスがきつい分逃げがなく、破損したものと考えられます。
強化ギヤを使うにはじっくり組み上げないとだめみたいですね。

今回は時間がないのでノーマルギヤに交換して使います。
でも、出来れば材質が丈夫そうな強化ギヤを使いたいので対策は今後の課題としておきますか。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

6連覇

私の世代では結構有名な「モンスター田嶋」選手があのパイクスピークで6連覇達成のニュースが飛び込んできましたhttp://www.monster-sport.com/ppihc/j/

しかも史上初めて10分を切るすばらしいタイムで。
最後の方では油圧トラブルでパワステが効かず(あの車でノンパワステって・・)かなりゆっくり走ってましたが、それでもすばらしいタイムです。
おめでとうございます。



今朝のテレビニュースのドキュメント中で車製作のスタッフに開発が行き詰ってる場面での言葉が印象的でした。

「限界だからあきらめるのではない。限界だからこそやりがいがあるんだ」

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

FC2Ad

まとめ