タミヤならではのオンライン限定商品!! かいちょうのブログ パート2 2011年02月

かいちょうのブログ パート2

こんにちは。秋田でラジコンカーレース運営をしているかいちょうです。 ラジコンやそのほかの趣味、日常について気まぐれに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のレース報告

昨日あたりから仕事が少々落ち着いて、ようやく体に余裕が出来てきたので先日のレース結果をアップしようと思ったら資料が1枚足りない・・・まあ結果表は作ってあるので後は足りない資料を足せば完成なのでもう少々お待ちください。

てな訳で、先日のレースのグリッド写真でも

ツーリングGT-L決勝
IMG_2011_02_25_1.jpg

タミヤミニ決勝
IMG_2011_02_25_2.jpg

今回はしばらくぶりに決勝を1回で決着をつけました。
ミニは7台走行でコース規模的にはちょうどよかったのですが、ツーリングは10台走行の決勝レース走行を強行。
室内コースで10台は久しぶりです。
メイン分けをしてもよかったのですが、いつも顔ぶれが決まってきてる感があるのでたまには新鮮なレースが出来るかなと、思い切ってやらせていただきました。
マーシャル1人でがんばってくれたシニアNo.2さんには苦労かけました。ありがとうございました。



う~ん、やばい、眠くなってきた。。。続きはまた明日にでも
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

準備完了

バッテリーウォーマーが出来てから修理仕事が急に忙しくなり、家に帰ってからネットで調べ物をしなくてはならず、RCの整備がなかなか出来ないでいました。
昨日一昨日とやっとできたので何とか参加できるでしょう。

足回りは時間がなかったのでミニ、ツーリングとも先月のままです。
ミニはバネをTRFの黒セットを以前に購入してたのでとりあえず前後赤を取り付けていきます。この赤ばね、アルミダンパーについてきたM04用蛍光赤に長さ巻き数とも同じですが、若干腰があっていい感じです。
従来のロングバネとショートバネの中間の長さでミニ用アルミダンパーにはちょうどいい長さですね。

あとはツーリングにつけていたKOアルティメイトショットキーとシュバリエをミニに移植。
ツーリングのコンデンサーを従来タイプの電解に戻し、ショットキーを10Aダブルタイプに変更。
まあ気休めかもしれませんが、ツーリングはシュバリエだとトルクがありすぎて扱いにくいのでシュバリエをはずしました。
ミニはシュバリエとEDLCを同時装着です。コンデンサーは並列にすると容量がアップするので効果的?かなと。
ミニのショットキーは少しでも回転を増やしたいので高性能なKO製を装着です。
ツーリングのダブルタイプショットキーは試しにつけてみたのでなんともいえませんが、ココ変えたくらいじゃわかんないですよね。

余談ですがもともとショットキーは回転中のモーター逆起電力からのアンプFETの保護が目的だったのがいつの間にかモーターの回転アップが目的になってきた経緯があります。
電子屋さんの論理からすると、アンプ保護の場合はアンプ側にモーター性能アップの場合はモーター直付けにするといいようです。

あと、ハンダ付けしてて見つけたのがミニのアンプ側バッテリーコネクターのハンダ不良。乗りが悪かったらしくコテあててすぐにカパっと取れちゃいました先月のスピード不足はこんなとこが原因かも。
先々月はアンプ本体のコードハンダが取れかかってたし散散です。
多分アンプをバッテリー前に取り付けていたときにコードで中吊り状態だったのでハンダ部分に負担がかかってたのかも。
リフェバッテリーは電圧が低いので電気の流れをしっかりしないとスピードにモロ直結するんでしょう。

と、言う事で今回の整備はここまでです。
来月はもう少し整備頑張ってみたいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

ギヤデフって

整備しながら書いてるので写真撮る時間がなくて恐縮ですが、ミニ用の強化ギヤ組み込み始めました。
このセットにギヤデフケースがついてくるのですが、ふと思いついてギヤデフも組んでみました。

と、言うのもボールデフが最近納得行く硬さに組めなくてどうしようか悩んでいたところなので初心に帰ってギヤデフでいってみようかなと。
もちろん普通に組むとあまりに軽くて前に出ないのでかなり硬くしてみたんですが、思ったより重量がありますね。
回転部分なので軽くしたいのですが、重量が前にかかるのでいいのかな?でもフライホイール効果が出て回転落ちが鈍いかも?・・・

と考えていてもしょうがないんで今回はギヤデフでレース出てみます。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

うう~む

レースウイークなのでそろそろ整備したいのですが、ここ数日夜は急に入った修理仕事の調べ物してるので整備できないでいます。

特にミニはバネ取り替えてギヤを強化型にしてデフ組みなおしてモーターのショットキーを取り替えてとやることが結構あるので明日からでも取り掛かりたいですね。
新品Mグリップタイヤは組んであるのでとりあえずは先月のままでも参加できそうですが、先月あまりにもトップスピードが伸びなかったのでその原因も少しは探りたいしね。




にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ






テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

バッテリーウォーマー バージョン2

なんと、実戦投入する前に我がバッテリーウォーマーがバージョン2へ進化(笑)

ヒーターが下面のみだったのでどうしても上下の温度差があって気になっていた点を解決しました。

結局上面にもヒーターを取り付けました。
IMG_2011_02_12_1.jpg


上面ヒーターのアップ
IMG_2011_02_12_2.jpg
4本個々にヒーターを追加しました。

バッテリー4本が同時に温められて尚且つ各バッテリー取り出し時には保温中の他パックに温度干渉しません。
本体ケース上蓋を開けたままで保温が可能です。っていうか開けたケース上蓋に充電器を載せて使う予定なのでこうなったというか。
上面ヒーターは0.29mmニクロム線を35センチ×4本=140センチで構成。下面が120センチ1本なので上面が若干温度が低いはずです。かな~り勘に頼ってますが、上面は下面より熱が弱いくらいでちょうどいいはず。

余談ですが下面のみのときは0.5アンペアだった電流値が上面を取り付けたところ1.2アンペアに跳ね上がりました。まあクランプメーターでの計測なので少々怪しいですが自分の計算では1アンペアいかないはずなんですが・・・なんで?


室温0度でスタート時のバッテリー温度3度。電源投入20分でパックの温度上下とも20度。25度になるまでは約1時間かかります。
室温5度ではスタート時のバッテリー温度7度。電源投入15分で20度。25度までは40分。

上面ヒーターを取り付けたことで温度が速く上がってかなり理想的になってきました。
リポやリフェがどれくらいのパック温度で充電すればいいのかはわかりませんが、取り説の充電温度から推測すると20度前後と思われます。
要は人間が過ごしやすい温度はバッテリーも働きやすいって事でしょう。

でも電源入れっぱなしでは、たぶん温度が上がりすぎるのでほったらかしって訳には行きません。
サーモコントローラーをつけないと使いにくいでしょう。
今のところはアラーム付きの温度計で手動でオンオフ管理するしかありませんね。
サーモコントローラーは今後の宿題ですな。

と、いうところでバッテリーウォーマーはここで終了です。

そろそろレース準備もしないと。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

バッテリーウォーマーその後

その後、内部スポンジをはずしてガランドウ状態でテストしたところ、室温5度1時間放置でバッテリー温度は下面15度上面8度までしか上がらずテスト断念。これ以上室温が低いと使い物にならないようです。
そこでタオルをかけてみたところ下面上面とも1度ほど温度が上がって効果が出ました。これはいい感じ

で、内部スポンジを戻してタオルをかけて再テストしたところ、下面25度上面13度といいあんばいになって来ました。
どうやらスポンジは外せないようです。

暖めながら充電することになるので充電コードを逃がす関係上、上蓋は開けるか常時半開きになりどうしても上面から熱が逃げていきます。
タオルをかけることで上面からの熱の逃げを防ぐといいようです。
でも、1パック取り出すごとにタオルをめくると他のパックの上面の熱が逃げていくのでちょっとイラっとしてきます。

理想を言えば1パックごとに上面もヒーターで暖めてさらに温度が上がり過ぎないように全体の温度をサーモコントローラーで管理すればいいのでしょう。
なんだか物々しくなってきますな。

まあ、ニクロム線あまってるので、上面ヒーターは作ろうかな。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

バッテリーウォーマー製作その2

実際バッテリーを収めるとどうなるのか?
室温17度で試したところ、ニクロム線は38度から33度に温度が下降、そのまま上蓋をかぶせて40分ほどでバッテリー下面は30度、上面は22度。
IMG_2011_02_06_1.jpg
実際は17度ほどの室温ではウォーマーは必用ないでしょうから、もう少し寒い室温でテストして見たところ、室温5度、バッテリー温度も5度で20分ほどで下面15度、上面9度。1時間放置したところ下面25度上面12度。
温度むらが上下で極端に出ることがわかりました。実際使うには焼肉のように何回かひっくり返して使うことになるかな?それともスポンジをはずして横もむらなく温めるようにするか?

しかもリポとリフェ、表面温度に限れば結構差があることもわかりました。リポは暖めると結構早く温度が上昇するのに対しリフェは温度上昇が鈍く、リポに比べて2~3度ほど表面温度が低いです。フェライト使ってるから?さらにタミヤとオリオンに限って言えばタミヤのほうがオリオンより1度ほど常に「冷たい」ですね。

話がそれましたが充電温度がリポが0度~30度ほど、リフェが-10度~+50度ということを考慮するとお互いの充電温度妥協点は15度~25度かな?とすればこのままの熱量で1日つけっぱなしでいけそうな気がします。

もう少し実験してみますかね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

バッテリーウォーマー製作

寒い季節、体の動きが鈍くなるように化学反応で電気をためるバッテリーも充放電効率が落ちるようです。
リフェやリポの取り説を見ると、放電がフェは-10度~+50度(タミヤLF2200)リポは不明(ヨコモ3000-25C)充電はリフェは0度~+40度(同タミヤ)、リポは0度~+30度(同ヨコモ)。
放電に関しては平和では問題なさそうですが、充電は0度以下だとまずいみたいです。

1月のレースでは気温が氷点下だったので充電には不向きだったようです。
実際レース終了後に保管モードにしたところ、いつもは放電がかかるのに充電になってました。ということは充電が完璧ではなかったということです。
どうりでスピードが出なかったわけです。
この季節はバッテリーを暖めて充電しないといけないようです。

一番手っ取り早いのは、ベルト式のタイヤウォーマーでバッテリーを暖めるのがいいのですがあいにく手持ちがないのでアッサリ却下。

次に考えたのが湯たんぽ!
タッパーにお湯を入れてタオルなどで包んで小さい保温バックに入れてバッテリーを乗せて暖めようか?
でも、レース進行や計測業務をしながらも考慮しなくてはいけないので温度管理が十分に出来そうもないのでまたまた却下。

市販のバッテリーウォーマーもあるのですが何分高価で手が出せません。

2月、3月とまだまだ寒い中でのレースが続きますのでバッテリーウォーマーを作ることにしました。

とりあえず0.29mmのニクロム線を2m買って来て
IMG_2011_02_04_7.jpg
抵抗を測ったら40Ω弱ありました。

電源は12Vを使うのでこのままだと0.3Aちょい流れます。4Wくらいの電力です。

市販のバッテリーウォーマーは8Wで60度くらいの温度になるようです。
そこまでの温度上昇になると温度計をセットしてオンオフを手動でやるか、温度制御の回路を組み込くか?リフェならともかくリポだとちょっと不安になります。
40度くらいの温度だったら温度制御しなくてもほったらかしできそうでいいのでは?冷えたバッテリーに温度食われると30くらいまでしか上がらないのでは?
う~ん勘でやってみよう。

結論として(勘です)6Wくらいがよさそうなので(しつこいようですが勘です)6Wということは0.5A流せばいいでしょう。
買ってきたニクロム線で長さを計算すると1.2m程です。

ケースは最近出番のない(存在すら忘れてた)バラセル用のケースを使います。もともとはバラセルが縦に8本入るものです。
IMG_2011_02_04_1.jpg

バラセル用といっても中身を切ってストレートパックが入るように手を加えてあったものです。
IMG_2011_02_04_2.jpg

まずは断熱処理です。
スポンジを1度剥いで100円ショップで買ってきたコタツ敷き用の銀マットをカットして蓋裏に1枚、底に2枚両面テープを使って敷きます。
IMG_2011_02_04_3.jpg

底にヒシチューブをかぶせたニクロム線をバッテリーが収まる部分にアルミテープで仮止めします。
IMG_2011_02_04_4.jpg

さらに全体にアルミテープを貼ってスポンジを元通りに収めて配線すれば完成♪
IMG_2011_02_04_5.jpg

試運転開始!
IMG_2011_02_04_8.jpg
動作確認用のLEDもついでに取り付けてみました。

室温17度で20分ほどで38度まで上昇、電流はクランプメーターで測ったところ0.5Aです。
IMG_2011_02_04_6.jpg
バッテリーを収めるとどうなるのか?

続く
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。