タミヤならではのオンライン限定商品!! かいちょうのブログ パート2 2010年11月

かいちょうのブログ パート2

こんにちは。秋田でラジコンカーレース運営をしているかいちょうです。 ラジコンやそのほかの趣味、日常について気まぐれに書いてます。

バッテリーレギュレーションの考察その3

相変わらずマイPCで記事書けない状態です(--)

謎の怪人Xさんや、サーキット常連さんたちのおかげでツーリングでのリポバッテリーレギュの妥協点が見えてきました。
詳しくは後ほど発表するとして、また新たな問題が。

それはタミヤリフェの扱いです。
リフェバッテリーがタミヤのみで流通してたときは問題なかったのですが、今は他社でもリフェを扱ってますね。
これがタミヤリフェよりパワーがあってしかも半額以下。
レースで使う身になれば高額なタミヤリフェでそろえてくれとはいえないです。
しかも謎の怪人Xさんのテストレポートによるとタミヤリフェと他社リフェでは同じモーター&ギヤ比でも明らかな差があります。
同じリフェでもタミヤ製と他社製は切り離して考えたほうがよさそうです。
タミヤリフェはタミヤ14Tで固定、他社リフェはGTチューンでギヤ比見直しで行こうかな?(まだ確定ではありません)

それとミニはギヤ比が細かく設定できないので悩みどころ。
同じ20Tのピニオンでは差がありすぎるような気がします。
ミニの場合はタミヤリフェ+GTチューンは20T使用、他社リフェ+GTチューンは18Tにしたらいいのか?ピニオン2枚差ほど性能に差があるのか?ちょっと悩んでいます。
これは実際走ってみないとわかりませんな。

まあだらだら書いててもしょうがないんで続きはこの次にでも
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

バッテリーレギュレーションの考察その2

謎の怪人Xさんの精力的なテスト走行により、ツーリングクラスのリポ+ライトチューンのギヤ比規定が少しばかり見えてきました。

まあ結論から言ってニッケル水素+GTチューン6.5の今のレギュに完全にあわせるのは無理。

バッテリー電圧もモーターも違うのであちら立てればこちら立たずという感じのようです。
でも、ラップタイムを似た感じにあわせるギヤ比が見えてきたので来年早々には新ルールでのレースでの運用となるでしょう。

今のところの傾向としてはリポ+ライトチューンは、バッテリーはハードケース入りの30cまで(すでに35cを持ってる方も使用可能)コネクター付き、充電最大電圧、温度はJMRCA規定を流用、モーターは無改造ライトチューン、ギヤ比6,1前後、車両重量はJMRCA規定で行くか微妙です。

12月のレースは今までどおりのレギュで行きますが、リポ+ライトチューンでの参加もOKです。ただしレース順位は残りますが、コースレコードには反映されませんのでそのつもりで。
その場合予選走行でのラップを見て速すぎる、遅すぎるなどこちらで判断してギヤ比調整していただくつもりです。

新ルールでのツーリングのレースは1月から行いたいと思ってます。

それと新ルールに伴い、GTチューンクラスから名称変更の予定です。が、いいクラス名が浮ばない・・・ので募集します!
まあ「GTクラス」でもいいのですが、一応皆さんの意見も参考にしたいと思います。

採用者の方にはライトチューン1個(新古ですが)進呈します。ただしモータープレゼントはARTレースに参加してくださる方に限ります
締め切りは12月30日まで。


ああ、実はここ1ヶ月ほど、自宅の私のパソコンからブログの管理画面にアクセスできなくて記事更新が思うように行かなくなっております。
原因究明に毎日調べてるのですがまだ解決してません(涙)
今月のレース報告も自宅で記事を書く事が出来ない状態でしたので、旬を過ぎてしまいました。

トラブル解決したら写真とともに報告します


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

リンク追加

サイドバーのリンクに「たれの徒然日記」追加させていただきました。

先日のARTレースに遠路遥々参加してくださったタミグラマイスターのあのお方のブログです。
皆さん、お気軽に遊びに行ってみてくださいね
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

バッテリーレギュレーションの考察

RC用バッテリー。

最近はニッカド、ニッケル水素に高性能LiPo、LiFeも加わり選択肢がぐっと増えました。

ARTレースではニッカド、ニッケル水素のSub-CとLiFeの使用は認めてるのですが、LiPoをどうするか?で悩んでいます。

LiPoはご存知のように過充電やショートなどで派手に燃える事があるので、安全にレースを楽しんでもらいたい主催者側としてはレースでの使用は遠慮していただいてました。

でも最近のハードケース入りのLiPoは結構信頼性があるようでLiPo対応の充電器で充電モードさえ間違わなければ最悪の事態は起こらないようです。


そこで我がARTとしては、ここ1年ほどタミグラやJMRCAのLiPoへの対応を見てきました。

タミヤは安全性に勝るLiFeで今後タミグラ開催をしていくと思われます。
実際今年のタミグラの初日はLiFeオンリーのレースでしたので、早ければ来年は全クラスLiFeになりそうです。
走行前にバッテリーの電圧を計って高い場合は出走させない処置のようでした。


JMRCAは各クラスLiPoがOKですね。ただし走行前に最終電圧と電池温度をチェックして規定に合わない場合は失格のようです。
なんだかものものしいですが、過充電に対しては非常にデリケートな電池なのでしょうがないでしょう。

各地のローカルレースでは、バッテリーのルールは各サーキットや主催者でまちまちでLiPo禁止のレースもあればLiPo、LiFe混走あったりと苦慮してるのが見えてきます。
でも徐々にLiPoが使えるレースが増えてきてるのも事実です

世の流れからするとARTがいつまでもLiPoを認めないわけにもいかないので、ARTでもツーリングでLiPoが使えるように考えてみます。
実際Sub-Cの電池も手に入らなくなりつつあるようですし。

でも今のところミニでのLiPoの使用は考えてません。ミニはLiFeかな?

まあレース参加者の皆さんに今度聞いてみますか。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

衝撃映像

最初に久しぶりに見た衝撃映像↓

公道でフォーミュラ走行!1台ずつのタイムアタックらしいのですが、はっきり言ってこいつら頭おかしいんか?と思ってしまいました。
まるでゲームの世界ですね。
究極のターマック走行です。エスケープゾーンはもちろんないので危ない危ない。

こんなの日本では不可能ですな。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

FC2Ad

まとめ