タミヤならではのオンライン限定商品!! かいちょうのブログ パート2 2010年03月

かいちょうのブログ パート2

こんにちは。秋田でラジコンカーレース運営をしているかいちょうです。 ラジコンやそのほかの趣味、日常について気まぐれに書いてます。

ジェネティックのメンテその2

ここしばらくは、社長のジェネティックに結構手こずってました。
まあ社長の車だしARTレースでは思いっきり反則車なのでそこそこのメンテで終わってもいいのですが、自分の性格上この車は本格的な設計のわりに詰めが甘いところがあって手を加えずにはいられないもので。
IMG_20100331.jpg
メインシャーシの皿ビス加工をやり直してギヤボックスを組み付けたのですが、蓋をすると何故か駆動が重くなってしまい何回もチェックしなおしました。
どうやらバルクヘッドと蓋の組み付け精度が悪くてネジをキッチリ締めると蓋がゆがんでしまいベアリングを圧迫してしまうようです。
ここは締めすぎ注意です。以前DF03でも同じような現象だったような?
ついでにゴリゴリで回転の重いワンウエイを洗浄グリスアップ、リヤデフオーバーホールをしました。

ステアリングラックの樹脂カラーは結局ベアリングに交換しました。フランジ無しの360ベアリングが4個必要だったのですが手持ちがフランジ無し2個とフランジ付き2個だったので内側をフランジ無し360、外側にフランジ付き360。フランジの分ベアリングが外に出てしまったのでナイロンにネジがかからなくなり、苦肉の策としてナイロンナットを逆にして組み付けました。
IMG_20100331_1.jpg

一番気に入らない部分のフロントサス周りに手を加えました。
IMG_20100331_2.jpg
アッパーアームがガタガタだったのでダンパーステー側に3×2.5イモネジを追加。アッパーアーム側のピン穴を3.07リーマーで広げてちょうどいいあんばいに。
ロワアームも前後に1mmほどガタがあったので0.5mm+0.3mmのシムを左右に追加。

アッパーアームのガタを減らしたらピン押さえ部分がギヤボックスに少しこするようになったのでアーム側を少々削って対処
IMG_20100331_4.jpg

と、ようやく残すのはダンパーのチェックのみとなりました。
なんとなくダンパーも時間がかかりそうな予感
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ジェネティックのメンテその1

社長のジェネティックは現在カンバラです。
気に入らない点を修正してそれから足のセットを見直してみます。

まず今日はガタの多いステアリングラックを組みなおしました。
IMG_20100322_1.jpg
ここはアソ○のTC3にそっくりな作りですね。出来れば矢印の白いカラーを360ベアリングに交換してあげたいんですが、あいにく手もちがないのでごみを取って組みなおしました。
ナイロンナットの締め込みでカラーのガタ調整するのですが、結構シビアな作りです。感覚的にはデフ調整より難しいかも。
たぶんボールベアリングのほうが調整は楽でしょう。

あと気になってるのがメインシャーシの皿加工が中途半端で皿ビスがきっちり収まらないことです。
ここはキッチリとビスが収まらないと路面に干渉するので最低でもツライチまでは収まっていただかないと。

先日のレース中から気になってる謎の部品↓
IMG_20100322_2.jpg
これってギヤボックス内部のベアリングシムでは?社長はそんなとこあけたことないとの事なので何時からここにはまってたかは不明です。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

室内コースと社長のジェネティック

先日の日曜日に行われたARTレース。
先月と同じくツーリングは行われず、バギーとミニの2クラスで行われました。
オイルを路面にまいてからはMグリップにちょうどいい路面のようで、M05、M03ならとりあえずMグリップを履けば楽しく走ってくれるようです。

ミニ予選風景↓
IMG_20100314_1.jpg
スタート後の混乱を防ぐ為、先月のレースから2列スタートです。このおかげで1コーナーでのクラッシュが減って皆さんタイムアップできたようです。
使用ボディもいろいろで見ていても楽しいですね
写真には写ってませんが、今回のレースでは少数派となったM03がかなりいい走りで気をはいてました。予選で同じヒートだったんですが、私のM05Lがタジタジでした。M03恐るべしですね。

ミニは先月とはタイヤの喰いが違うようで、全体に重い感じ。転がり感がなくてタイヤが張り付いて進まないような?タイムは出てるのですがなんとなくパワー感がないような。
そんな中自分は、決勝1回目でまたもやデフトラブルで途中リタイヤ。徹底的にメンテしないとだめですね。

決勝2回目ではデフもなおって快走。
この日一番の走りで自分でもわかるくらい調子よかったです。よく曲がるし前に進むし楽しい~これがあるからやめられないんですよね~。

バギークラスです。
IMG_20100314_3jpg.jpg
今回はジャンプ台を控えめに設置。これで各車大きなトラブルもなく快走してました。この台では皆さん高く飛ぶより距離を飛ぶことを競ってたようです。

で、今回のレース終了時にまたもや社長からの指令が。
IMG_20100317jpg.jpg
ジェネティックです。
ARTレースでは反則なんですが、社長は歳なので特別に許可してます。調子がいいとM05よりちょっぴり速いのでこっちにもいいペースメーカーにもなるし。
この車、外では問題ないのですが、室内ではまったく走りません。進入でまったく入ってこなく、減速しようがスロットルを入れようがドアンダー。ラインにまったくのらないのでペースが上がらずGTチューンを積んでるのにM05ライトチューンにストレートで抜かれる始末。
タイヤが60Dサイズではなく小さいサイズなので路面にあうタイヤが無いのが1番の原因でしょう。
でもちょっと見ただけでも気に入らない点(特にステアリング周り)があるのでメンテしてみます。
社長にも楽しくレースで走って欲しいし。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

明日はよろしく

先ほど自分の車のメンテ終わりました。
メンテといってもミニはダンパーの引き具合を調整しただけ、ツーリングは先月レースがなかったのでそのままいじらず、1月のレースで故障したウォーマーを修理しました。
ウォーマーは電源ラインで断線してました。今度はうまく動くでしょう。

今現在は風が強く、雪が時々吹雪いてます。
明日は天気が上がりそうですが、気温は低いままであがらなそう。外レースは人間がもたなそうなのでやめときます。
社長が反則カーでミニに出るみたいなのでどうなることやら
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

社長F103メンテ

先日のレース帰りに「暇あったらオーバーホールしてけれ」と、手渡された社長のF103アニバーサリー。
「オレが組んだんだからしっかりやってけれ」と意味不明なことを言ってましたが。

構造が単純なだけにちょっとした事が走りに影響する車なので各部を軽~くチェックして組みなおしてみました。
IMG_20100312.jpg
F103最終モデルだけあって金属パーツが多く、豪華なつくりですが説明書どうりのセットではグリップのいいタミヤサーキット向けのセットらしく、普通の路面用に合わせてみました。
フロントバネ変更、バンプインの調整、TバーOリングの追加、リヤ車高の変更、ダンパーオイルの変更といったところです。
あとは走ってみないとなんともいえません。
社長が組んだわりには、ほぼ説明書どうりに組まれてました。ただしネジはあちこち緩んでましたが(汗)
まあこの手のリジットカーはタイヤが路面に合えばセッティングの8割は出来たも同然ですので後は好みの部分です。
いつ走らせるかは不明ですが、問題なく走ることを祈りましょう(笑)

といったところで今回は自分の車の整備が間に合わないようです。
明日の夜にどこまで整備出来ることやら。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

ホビオ君の燃費2

燃費マネージャーを取り付けてからというもの、今まで低燃費といわれるアクセルワークがそうでもない事に気づく事があります。
いわゆるゆっくりスタート、ゆっくり加速という事なんですが、ホビオ君の場合は当てはまらないと思いました。

この車は軽のくせに1トンを超える車重に4WD、ATと燃費には厳しい条件です。
ゆっくりスタートでは定速に乗せる前に燃費の悪化する領域が長くなっておまけに後続車に迷惑をかけて走らなければならず、いい事がありません。
それよりはスタートはゆっくりでも速めにシフトアップしてアクセルを燃費が悪化する手前まで踏み込んで目的のスピードに乗せてしまったほうがいい場合が多々あります。
減速は加速のときに悪化した分を取り戻すチャンスです。燃料カットを上手に使えばかなり効果的に燃費が上がります。

また、アイドリングの燃料流量を見るとコールドスタートでは1分あたり25ccほど。水温が完璧に上がった後ではでは7~8ccとかなり開きがあります。
車にチョークレバーがあった頃は空気量を減らして燃調を濃くしてたと記憶してますが、現在の車は燃料噴射料を増やして燃調を調整してるのでしょうか?この部分は詳しくないので想像ですが。
水温と密着した関係があるようで80℃付近まで上がらないと規定の燃調にならないようです。
このためか4キロほどの距離を同じ場所で走っても、少し暖気して走った場合は8~9キロ、水温が上がりきったときは11~13キロとかなりの差があります。
とはいえ走行燃費を稼ぐために暖気を十分にすると燃料使用量が増えるので意味がありません。新車なので朝一は2分ほど暖気してスタートして後はゆっくり走りながら暖めてます。

信号がなく、連続して走るときは一定スピードになるべくするのはもちろんですがこの車はロックアップがないATなので、失速ぎりぎりで走行するといいようです。
かつてはろっくあっぷのATも他社であったようですが、この手の車は車重があるのでたぶんロックアップするとトルク負けをおこして少しアクセルを踏み足すとすぐにシフトダウンして燃費が悪化するためだと思われます。
それよりはトルコンスリップ分でエンジン回転をあげてトルクを稼いだほうが実用燃費がいいのでしょう。
出足の加速分を減速時に取り戻し、上り坂での落ち込みを下りでチャラにするイメージで走るといいようです。

10キロほどの距離を信号2~4回ほどストップして走った時は燃費13~14キロは走るので、現在は燃費には結構満足してます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

FC2Ad

まとめ